安い妊娠線クリームは効果ある?高いものとどう違う?

妊娠線クリームは、妊娠初期から臨月まで、全身にたくさん使うもの。

できるだけお財布に優しい、安いほうがありがたいというのが妊婦さんの本音ですよね?

この記事では、実際に妊娠線ケアに多くのプレママさんが使ってみた!という安いクリームを紹介します。

口コミでは人気、ニベアの青缶

専用のクリームでは無いのですが169gで600円程度、とにかく安い!

惜しげもなくたっぷり使えるのが魅力です。

成分的にはミネラルオイル(石油抽出物)、グリセリン(植物抽出物)、ホホバオイルなど使用。

安全性は悪くありませんが(個人差アリ)、表面を油分でコーティングして保湿するタイプのクリームなので、浸透力は△なので妊娠線予防には若干パワーが足りない印象も。

ヴァセリン アドバンスドリペアボディローション

成分はほぼワセリンでできた、ミルクタイプの韓国製のもの。全身に使えるローションタイプで、妊娠線ケア専用のものではありません。

250mlで800円程度なので、これもなかなか安くて人気。

無香料・無着色・防腐剤無添加は高評価で、余っても赤ちゃんを含め家族みんなで使えるので重宝します。

チュチュベビーマッサージクリーム

130gで1000円程度。

3種類の天然植物オイル(ツバキ油・ホホバ油・スクワラン)配合の妊娠線予防クリーム。

香りもかなり抑えられていて配慮は◎、ヒアルロン酸も配合されているので肌なじみが良いのもポイントが高いですね。

さらさらとしていてべたつかず、安心の日本製、というところもプレママの支持を集めています。

妊娠線ケアの専用クリームのお値段はピンキリで、使う妊婦さんのお財布事情もお肌事情も、それぞれ異なってきます。

  • とにかく安く済ませたい!
  • とにかく妊娠線をぜったい作りたくない!
  • 安さと成分のバランスが取れたものが欲しい

いろんなニーズがありますよね?

安い妊娠線クリームでもこまめにたっぷり使えば妊娠線を防ぐことはできます。

ただお値段がそこそこするものには

  • 高品質の皮ふ修復成分配合で、できかけ妊娠線をケア
  • 皮ふ下組織までじっくり届く浸透力の高さ

など、比べるとびっくりのテクノロジーがあったりします。

周りのプレママさんの口コミもあるし、いろんな妊婦さん向け雑誌の特集で、妊娠線クリームはよく特集されています。

自分が「この値段は安い」と納得できるクリームを見つけてみてくださいね。

妊娠線クリームのススメ